仕組み

日本酒が一升瓶とされている仕組み

日本酒は明治の頃から一升瓶に詰められて販売されてきました。
これは一升瓶がガラス製であり、ねじ山がないために栓をすることによって密閉することができるため、参加しやすいお酒の品質を変えないためにと使用されるようになったからです。
他にも調味料や飲料にも使われていましたが、これは時代が変わると共に形を変えてきました。

これらは日光の紫外線などによりお酒の質が変わってしまうことを防ぐため色を付けたりとして利用されることが多く、すべて同じ形をしていますので中身を変えるのもラベルなどを変えるだけでいいので汎用性が高く、良く使用されてきていました。
昔は御用達によってその瓶を回収されて洗われ、新たにお酒を入れて使えることもあり、人気を誇っていました。
しかし、その後に他にも使用する上で使い勝手のいいものが開発されてくると、だんだんと一升瓶を使用するものは少なくなってきました。
同じガラス瓶で小型のものも販売されていますので、中にはその形で販売することになっているお酒もあります。

しかし、日本酒は形を変えずにやってきています。
それは、昔から愛されてきた日本酒の風情を残すために、形を変えずにいるのかもしれませんね。
※参考:将軍にも愛されていた日本酒
※参考:日本酒が造られる過程