仕組み

日本酒が体にいい影響を与える

お酒と聞くと身体にいいということにはなかなか結びつかないと思います。
しかし、日本酒には身体にいいとされる成分が実に豊富に含まれているため、健康にとてもいいのです。

日本酒にはアミノ酸が豊富に含まれています。
ミネラルも豊富に含まれていますので、身体に必要と言われている要素がほとんど入っています。
原料がお米なだけあり、身体を作るために必要なタンパク質なども豊富なので、健康な体を作るために必要なものが全て詰め込まれていると言っても過言ではありません。

更には、米麹で出来ていますので、肌にも優しくできています。
麹は塩分を抑えてくれるのもあり、身体にいいとされてきていました。
更には米麹には米糠も含まれており、シミなどの原因であるメラニンを取り除いてくれたり美白効果を得ることが出来ます。

また、体温を上げてくれて血流を良くしてくれる働きもありますので、これらの栄養素が身体を巡りやすくなっています。
冷え症や血液が正常に巡らない方には必要と言ってもいいほど効果が表れますので、食前酒などでほんの少し飲むといい効果が得られます。

このように、日本酒には身体にいいとされる効果が凝縮しています。
しかし、だからと言って飲みすぎは禁物です。
※参考:日本酒と相性がいいお料理
※参考:日本酒の原材料