仕組み

日本酒を使用した料理

お祝いなどでお酒をもらうことがあると思います。
最近ではビールをもらったりすることが多いと思いますが、やはり日本酒を贈るという方も少なくはありません。
しかし、日本酒を飲まない場合はどのようにしたらいいのか、処理に困りますよね。
そんな時に料理です。

お酒を使うならば、やはり魚を使用した料理でしょう。
魚とお酒は非常に相性がいいとされています。
特に煮物にお酒を入れることによって身が柔らかくなり、風味が出るようになります。
お鍋などに入れると味がしみ込みますので男性の方からは人気が高い料理のようです。

中にはタレなどを作るために使用するという方もいますので、味付るために、ひと手間かけてみるのもいいかもしれません。
元々お酒には栄養成分がたくさん入っていますので、少しずつ毎日取り入れるというのが非常に効果的です。

また、カボチャの煮物でも美味しく食べられるそうなので、おやつ代わりに作ってみてもいいかもしれません。
煮物では大体100~150ccほどのお酒を使用しますので、少しずつではありますが減らしていけますし、悪酔いすることなく美味しく味わうことが出来ます。
お酒を使うことを嫌煙せずに、使用してみると、更に美味しい料理が出来るかもしれません。
※参考:日本酒と愛称がいい食べ物
※参考:日本酒の構成原材料