仕組み

日本酒は将軍にも愛されている

日本酒は古くは魏志倭人伝の頃から飲まれていたとされています。
そこから技術が発展していき、民間人などにも親しまれるようになり、祝い事や献上品として贈られていました。
特に江戸の時代には関西のお酒が人気になり、よく飲まれていたようです。
当時、大阪から江戸までわたる船でお酒を運んでいましたが、その中で揺られ、杉の樽に包まれていたことから、味がまろやかになり、杉のいい香りも移って非常に美味しいお酒になったものがあります。

また、その船で渡っているときに富士山を見ることが出来るのもあり、富士見酒と呼ばれ親しまれていたこともありました。
しかし、作り立てでは香りやまろやかさが出ていないのもあり、それだけでは江戸まで行った時のような美味しさを感じられなかったそうです。
美味しく飲むために、一度大阪から駿河まで向かい、再び大阪まで引き返して風味がついたころに飲む二度見富士と呼ばれるものも出来て、最高級のお酒として大阪では親しまれていたそうです。

更には、かの有名な徳川吉宗将軍も、剣菱というお酒を好んで飲んでいたそうです。
これは剣と菱で男女をそれぞれ表しており、男女和合の縁起物として好まれていたようです。
将軍にも好まれていた日本酒は愛されていますね。
※参考:祝い事には欠かせないもの
※参考:日本人に愛される日本酒